(JP) About Us

39電子たばこは,
マック・トッド・マッキントッシュ、レイナ・シズカ・ミワとハルナ・ベップによって2013年にスタートしました。
展望をシェアする3人の友人.
電子たばこに関する情報を発信し、日本のみなさまに使いやすく、お手頃で一般的なたばこ(燃焼タイプ)に代わる安全性の高い電子たばこを提供すること。 私達それぞれ3人は今まで愛喫煙者で、喫煙を楽しんできました。
現在は一般的なたばこ(燃焼タイプ)と比べ9000倍程もの身体へのダメージの少ない、無煙の電子たばこでの喫煙を楽しんでます。
喫煙は、個人または社交的な面での楽しみであり、しばしに禁煙を試みるのはとても難しいものです。
では、一般的なたばこ(燃焼タイプ)を『アナログ・タバコ』、電子たばこを『デジタル・タバコ』とよんでみましょう。
私達3人は、健康またはライフスタイルに害があると知りつつも今まで過去15年程『アナログ・タバコ』を楽しんできました。
私達が『デジタル・タバコ』を吸い始めた最初の理由は、現在ますます多くの場所が喫煙を禁止し、煙草を吸うという行為がとても不快に感じるようになりはじめたからです。
おそらく皆さんもこのような理由のために『デジタル・タバコ』に興味をお持ちの方が多いのではないでしょうか。
私達が最初に低いニコチン含有量で『デジタル・タバコ』を吸い始めた頃、あの『アナログ・タバコ』のタバコを吸いたいという願望はほとんどありませんでした。
最初に気づく事は、 『デジタル・タバコ』の味がおいしいということ、そして周囲の人々からの”いい匂い”とのコメントでしょう。
周りに人がいる中で『デジタル・タバコ』を 吸うことの利点は、目に見える蒸気がいい香りというだけでなく、周囲に与える影響が『アナログ・タバコ』のような有毒ではないということでしょう。
たばこに火をつけることによってつくられる煙に含まれる4000種類ほどの異なる化学合成物質があるという事実に驚く方もいるでしょう。
その中のおよそ200種類は致死性有害化学物質とされ、そしてまたその中に含まれる69種類の化学合成物質はガンを引き起こすと言われています。
アンモニア、一酸化炭素、窒素酸化物、シアン化水素, はこれらの有毒物質のごく一部です。
『デジタル・タバコ』を吸うことは『アナログ・タバコ』と比べあなたの身体に良いだけではなく、無意識に強制吸入される周囲の人達にも大きな利点があります。
我々は英国に拠点を置き、また日本の顧客代表と共に あなたの『デジタル・タバコ』に必要なオプション品等、またイギリス及びアメリカ製のニコチンのリキッドをあなたの好みに合わせ、お手頃価格で提供いたします。
また、卸売りを供給することもできます。『デジタル・タバコ』に興味を持たれた方、または企業の方と共に『デジタル・タバコ』を広めていきたいと考えてます 。
では、より安全な『デジタル』で たばこを楽しみましょう。